代表者挨拶

ホームページアクセスありがとうございます。

旅館からホテルへ 変わらないところ と 変えたところ
平成3年より、それまでの日本家屋の旅館より、現在のホテル営業に業態を変更いたしました。 以前は、水琴窟や黒檀の 床柱、書院づくりのある旅館で築100年以上経過しておりました。 解体することは大変残念でしたが、都市化の波が豊田の町の中心地から押し寄せてきており、時流を考えれば受け入れられないもので営業することは時代遅れと感じてきました。 持てる力を活かすのはやはり宿泊業しかないと思い、ビジネスホテルへ変更することに決めました。 平成2年より一年間の工期を経て、ビジネスホテルとして生まれ変わりました。 法人名は、昭和55年より登記してあったものより、旅館を削除し「有限会社長生軒」としました。 「長生軒」とは、以前ホテルのある場所が長生町と言われていたとのことで地名から命名したようです。 「長く生きる」とも読め、商売には永続性があらわれていると思っております。 旅館時代に使用していた法人名をそのまま登録してありますのは、先祖の残してくれた名前を大切に、思いが後世にまで繋がるようにという願いで大きく変更せずそのまま使用しております。

変えたところ ホテルづくり
現在ホテル名として使用しております「プレステージ prestige」という言葉は、英単語で、信望、威信、という意味です。お客様から信用や人望をいただけるようにと命名いたしました。



当ホテルのマークは、漢字の「人」という字を2つ並べてデザインしてあります。ホテル、会社のテーマは「人」です。ホテルは「人」と「人」が出会い集うところです。お客様同士、お客様とホテルスタッフ、地域の人々のようにあらゆるシーンで人とめぐり合います。 私たちは、自分以外の人を尊重し、相手の心を思いやることが重要と考えます。 また「企業は人なり」と言われます。 人として人の役に立つ人になることを目標としています。 そして、多くのビジネスを目的とされたお客様のご宿泊から、私たちフロントマンは「お客様の秘書的な存在」としてサポートできるように心がけております。


変わらないところ おもてなしの心
旅館時代の前身は、料理屋を営業しており、俗に芸子さんをあげるような店だったようです。 そのような時代を経て、旅館を開業したわけですが、折に触れ、お客様を大切にする心のようなものを学びました。現在は全室洋室のホテルを営業しておりますが、旅館時代から培われた「おもてなしの心」を活かし、サービスの向上に努めてまいりたいと思っております。 皆様のご利用をお待ちしております。


有限会社長生軒
代表取締役 稲熊真佐子