豊田おいでんまつり前夜祭

昨日7月27日金曜日、豊田市駅前東側の通りで、豊田おいでんまつり前夜祭が開催されました。
通常の豊田おいでんまつりのファイナルは、7月の第4週の土曜日ですが、今年は、豊田おいでんまつりの前進である豊田まつりから数えて50回目の記念として、前夜祭を行ったのです。
踊りは18時からでしたが、13時からあちらこちらでイベントらも開催されていました。

地元紙の矢作新報制作のビー玉ころがし。
矢作川にはダムが多いことを知ってもらおうと企画、ダムにかからずにビー玉が下流までたどりついたら、商品がもらえる仕組みです。
ちょっと、試しにやらせてもらいましたら、運よく上流までたどりつき、矢作川にちなんだ缶バッジをいただきました。
(次にゲームをしようとしていたご家族のお母様に差し上げました)



昨日は、久しぶりに涼しい夕方でしたが、熱中症対策に打ち水をしてくれました。
路面の温度が下がり、よりしのぎやすくなりました。



駅前通りを交通規制をし、路上は踊りで盛り上がってきました。
今は、「おいでん」という曲に合わせて踊りますが、昨日は、「挙母(ころも)音頭」も流れていました。
民謡調で、盆踊り全盛期によくかかっていた曲です。

あ、櫓!
ちょっとちっちゃいな~
昔ながらの木造りの太鼓がのるくらいのものを想像していました。
屋内イベント用のものなか。






今日のおいでんファイナルは、天候不順で中止となりました。
安全第一ですものね。


第50回豊田おいでんまつり前夜祭

今週末、7月27日金曜日から29日土曜日まで、豊田おいでんまつりが開催されます。
今年は、記念すべき50回で、通常7月最終土曜日日曜日のところ、7月27日金曜日、午後から20時まで前夜祭を行います。

前夜祭は、現在のおいでんまつりの前進である豊田まつりから数えて50回目とのことで、当時のお祭り風景を再現したようなものとなり、路上の真ん中に、櫓を組み、昔からある祭りの甦りを行うようです。

今日の中日新聞朝刊豊田版に前夜祭の記事が掲載されています。
実は、昨日、ある人からの紹介で、記者さんよりお電話があり、取材を受け、コメントが掲載されています。
簡単なありきたりなコメントですが、ご覧になれる方は覗いてみてくださいね(笑)
新聞には、当時の写真も掲載されており、昭和の香りが漂います。



チラシを見ると、子供から大人まで楽しめるイベントが満載です。
度が過ぎるくらいの暑い豊田市です。
室内で楽しめるイベントとなっております。
暑い昼間は屋内で、涼しくなった(涼しくなるといいな)夕方は屋外で櫓で踊りを楽しみに来てくださいね。




Your goals are showing

昨年4月より、近隣のスポーツジムで、スタジオレッスンとしてパワーヨガやヨガ+ピラティスを始めました。
その他、筋トレやランニングマシーンで走ったり歩いたりしています。
通い始めると、ウエアにも目が行きます。
開始直後は手持ちのものを着用していましたが、だんだん機能やデザインを求めるようになってきます。

ヨガ系は、スリアルルレモンがいいです。
素材がよく、着心地もよく、動きやすいです。

過日、宿仲間とニューヨークを訪れた際、ルルレモンに寄りました。
バンクーバー生れで、アメリカには店舗が多いですが、日本では東京(原宿、銀座)、大阪にあるのみです。
今回の戦利品は、このドリンクボトルです。

Your goals are showing 

ゴールはすぐそこ(私訳です)

この言葉がいいですよね!!!!!
スポーツをしているときのみならず、仕事の時も励まされます。
仕事の時は、お茶を入れ、
ジムの時は、スポーツドリンクを入れ、
さりげなく、はりきっています。



捨てる神あれば拾う神あり

久しぶりの投稿です。

会社で、5Sの一環で断捨離をしています。
「いつかは使う」と思い、捨てずにため込んでいるものを仕訳し、整理整頓、廃棄しています。

今回は、断捨離ではありませんが、客室の毛布を入れ替えることになり、従来使用していた防炎の毛布の処分をどうしようかと悩んでいました。
廃棄でもよいのですが、カサがあり、処分費も嵩むため、行先を考えていました。
真っ先に思い浮かぶのは、発展途上国への寄付、災害用備品としてリユースですが、いずれもクリーニングをこちら負担で行うことが条件です。
申し訳ないですが、これはかなりの費用負担となります。

とある日、経営企画に携わっている長男が、所属している団体のつながりで、引越業者さんが引っ越しの際に入用だとわかり、115枚のうちの50枚ほどを引き取っていただくことになりました。
これなら、クリーニングは不要、でもご依頼のお客様のお荷物を比較的きれいな毛布で養生できるとあり、渡りに船でした。
それならと、私のマーケティングの師匠より引越しならこの会社という引越一番さんをご紹介いただき、是非ということでお渡しをすることになりました。
過日、ご足労をおかけしましたが、取りに来てくださいました。
新たなお役目が決まった毛布も、命拾いしました。
リユースいただき、助かりました。




残りは、愛犬を購入したペットショップに相談し、ペットホテルや併設している動物病院で使ってくださるとのことで、リユース先がすべて決まりました。
必要なものですので、購入しなければなりませんが、処分する際のこともある程度考えないといけない時代ですね。

拾ってくださった皆様、ありがとうございました。


花菖蒲を2度楽しんでいます

5月5日の端午の節句には欠かせないのが菖蒲です。
独特の香りから、解毒作用があり、その昔は鬼や邪気を取り払う薬草とされていたそうです。
子供のこと、親戚の家へ行くと、玄関先の屋根から葉を吊るしているのを見たことがありましたが、このような祈りを込めていたのでしょうね。
菖蒲は、その音(おん)から、勝負と尚武(武事を重んじること)と同じことから、その葉の形が剣に似ていることから、男の節句には相応しいとされたそうです。
また、お節句には菖蒲湯につかりますが、この頃は、季節の変わり目とされ、体調を崩しやすいと考えられており、
薬湯に入って、病気にならないようにという祈りを込めたと言われています。
ネットによると、菖蒲湯の葉と花菖蒲は別物のようです。
知らなかった、、、

お節句にフロントに飾った花菖蒲の2番花が咲いてきました。
今回購入したお花屋さんが、2番花が咲く、と教えてくれました。
今まで、一度咲き、しおれてしまうと処分していました。
どうやら、2番花が咲くものと、そうでないものとあるようです。
今までは、2度咲かないものを購入していたようです。
(2番花がよくわかるように、しおれた最初の花がそのままになっています。)

2回咲くことも、1度では倒れない強い男子のイメージなのでしょうか、と勝手に思っています。



豊田スタジアムの素敵な絵

今日から風薫5月です。
学校はありますが、地元豊田市の自動車製造業は、4月28日土曜日から5月6日月曜日まで大型連休で、車の通りが少なく、静まり返っています。
ホテルは、3日に中学生のサッカーチームを、5日には、サッカーJ1 名古屋グランパスエイトVS横浜F・マリノスの試合が19時キックオフで開催され、多くのお客様がご来館となります。
ありがとうございます。

いつもなら、フロントにこの時期に似合う端午の節句のタペストリーを飾りますが、今年は、J1の試合が行われる豊田スタジアムの絵を掛けました。
参加しているボランティアグループ、Toyotaまるごとおせっかいの中心メンバーのMさんの作品です。
自体は独特のもので、己書(おのれしょ)というそうです。
所謂、書道のように、おさえ、はらい、とめなどの決めごとはなく自由で、右から左へ書いたりもするようです。
いつもは、字のみをくださいますが、今回は絵も描かれたそうです。
東側から見たスタジアムです。
ステンドグラス風で、素敵に仕上がっています。
サポーターの方の目を惹くことでしょうね。