タニタのお話

明日、20歳前の求人応募者が清掃業務で入社します。
新しく従業員が入社すると、理念や事業ドメインなどの説明の際にかならず例えて話す会社があり
その会社は、株式会社タニタ(以下タニタ)です。

私「タニタという会社は知っていますか?」
新人従業員「知っています。」
私「何をしている会社ですか?」
新人従業員「レシピ本や食堂でしょうか?!」
私「最近はそれで有名になりましたよね。
  もともとは何の会社ですか? 自宅にもあるかもしれませんね。」
新人従業員「何でしょうか?」
私「体重計など家庭用計測器を作っている会社ですね。」
新人従業員「あー、そういえばそうです。」

ここで、接点が持てるようになります
最近はドラッグストアで、タニタのお米とインスタント味噌汁などの加工品も見られるようになります。
と思いきや、タニタ食堂のおせんべいを発見、手が伸び、買い物かごへ投入。
この商品は、ばかうけなどのお菓子でおなじみの栗山米菓とのコラボレーション企画されたものです。
美味しいですし、栄養面でも考慮してあるお菓子です。



タニタは、もともとヘルスメーターなどの計測器のメーカーです。
ここ2、3年は、レシピ本や丸の内タニタ食堂など、計測器との一見かけ離れた業務展開を図りました。
実は、創業期からの本業とはかけ離れておらず、ある共通したワードがきっかけで、新規事業に乗り出したと聞きました。
タニタはある時期から、「秤屋」という生業から、片足だけある領域に踏み入れたと思います。
「健康をはかる」(現在は、「健康をつくる」)というキーワードで事業展開を始めたわけです。
当初は、社員の健康を考慮するために、社員食堂のメニューの一新や野菜から食べるなどの健康的な食べ方などを広めて行きました。
それが、メディアの目に留まり、世に広まり、社員食堂だけではもったいないと丸の内にレストランを出店、そしてレシピ本を出版するまでになりました。
そして、加工品販売。
タニタには、「秤屋」という他に事業ドメインを持つことで、新規事業展開を可能にすることはもちろんですが、顧客や消費者の方をきちんと真正面を向いた事業で支持されているのだと思います。

当ホテルも事業ドメインがあります。
「ホテル業」という生業が、なかなか頭から離れませんでした、考え考え抜きました。
時折、口にするスタッフもいますが、愛言葉になるまでの浸透はしていません。

明日からの新しく入社する従業員は、タニタを知っているでしょうか。
初めて聞くようであれば、いつもと異なる切り口で説明をし、会社のコンセプトへの理解を進めようと思います。
理解するかしないかは、話し手の私にかかっています。


豊田おいでんまつり花火大会 Fireworks

昨日7月29日日曜日、矢作(やはぎ)川河川敷で、豊田おいでんまつり花火大会が開催されました。
台風12号の影響を心配しておりましたが、当日正午に開催決定がくだされました。
今年は、おいでんまつり実行委員として、業界組合より排出され、そのため、河川敷の来賓席椅子席で観ました。
開始前は雨が降り、虹も見られましたが、一旦開始とあると、雨雲を一層する勢いなのか、雨には降られませんでした。
右側には、豊田大橋とその後ろには豊田スタジアムの一部が見えています。



それでは、つたない画像ですが、お楽しみください。









フィナーレは何といっても、ナイアガラの滝です。
今年は、単色から色に変化がありました。





最後のナイアガラの滝の一枚、実物はもっときれいです。
塊りのようではなく、雨粒のように落ちています。

また、来年を楽しみに、是非豊田市へお越しくださいませ♬


おまつり中止

思わぬ進路でやってくる台風12号、各地のおまつりは中止や順延をやむを得ず決定しています。
豊田市も本日開催の豊田おいでまつり踊りファイナルを中止しました。
各地から勝ち残った踊り連が、練習の成果を思う存分発揮できる場でしたが、心残りでしょうね。

天変地位なので、中止は賢明な判断でしょう。
ちょっぴり寂しさ残る豊田市駅前踊り会場の今朝7時の様子です。
設営の皆様、お疲れ様でした。



風を心配してなのか、早くも看板が撤去されていました。
また、来年お願いします。




8月27日においでんまつりの実行委員会があり、来年にむけた協議は始まります。


豊田おいでんまつり前夜祭

昨日7月27日金曜日、豊田市駅前東側の通りで、豊田おいでんまつり前夜祭が開催されました。
通常の豊田おいでんまつりのファイナルは、7月の第4週の土曜日ですが、今年は、豊田おいでんまつりの前進である豊田まつりから数えて50回目の記念として、前夜祭を行ったのです。
踊りは18時からでしたが、13時からあちらこちらでイベントらも開催されていました。

地元紙の矢作新報制作のビー玉ころがし。
矢作川にはダムが多いことを知ってもらおうと企画、ダムにかからずにビー玉が下流までたどりついたら、商品がもらえる仕組みです。
ちょっと、試しにやらせてもらいましたら、運よく上流までたどりつき、矢作川にちなんだ缶バッジをいただきました。
(次にゲームをしようとしていたご家族のお母様に差し上げました)



昨日は、久しぶりに涼しい夕方でしたが、熱中症対策に打ち水をしてくれました。
路面の温度が下がり、よりしのぎやすくなりました。



駅前通りを交通規制をし、路上は踊りで盛り上がってきました。
今は、「おいでん」という曲に合わせて踊りますが、昨日は、「挙母(ころも)音頭」も流れていました。
民謡調で、盆踊り全盛期によくかかっていた曲です。

あ、櫓!
ちょっとちっちゃいな~
昔ながらの木造りの太鼓がのるくらいのものを想像していました。
屋内イベント用のものなか。






今日のおいでんファイナルは、天候不順で中止となりました。
安全第一ですものね。


第50回豊田おいでんまつり前夜祭

今週末、7月27日金曜日から29日土曜日まで、豊田おいでんまつりが開催されます。
今年は、記念すべき50回で、通常7月最終土曜日日曜日のところ、7月27日金曜日、午後から20時まで前夜祭を行います。

前夜祭は、現在のおいでんまつりの前進である豊田まつりから数えて50回目とのことで、当時のお祭り風景を再現したようなものとなり、路上の真ん中に、櫓を組み、昔からある祭りの甦りを行うようです。

今日の中日新聞朝刊豊田版に前夜祭の記事が掲載されています。
実は、昨日、ある人からの紹介で、記者さんよりお電話があり、取材を受け、コメントが掲載されています。
簡単なありきたりなコメントですが、ご覧になれる方は覗いてみてくださいね(笑)
新聞には、当時の写真も掲載されており、昭和の香りが漂います。



チラシを見ると、子供から大人まで楽しめるイベントが満載です。
度が過ぎるくらいの暑い豊田市です。
室内で楽しめるイベントとなっております。
暑い昼間は屋内で、涼しくなった(涼しくなるといいな)夕方は屋外で櫓で踊りを楽しみに来てくださいね。