季節は巡り

4月は、暖かくなったとは言え、嵐のような雨風が降ったり吹いたり、とか思えば、夏日の気温となり、最低気温と最高気温が15度もある日もありました。
ゴールデンウィーク前で、まもなく五月晴れの気候を迎えます。
季節は巡り、20日より、二十四節気は第六節の穀雨となりました。
穀雨は、地に生える植物が十分に育つように、天からの恵みを受けるかのごとく、雨が降り注ぐ頃をさします。
春の柔らかな雨に農作物がうるおうこの時期、農作物の種をまくと、雨に恵まれ、よく成長するといわれています。

七十二候は、20日から数日間、穀雨初候、第十六候の葭始生(あしはじめてしょうず)です。
水辺の葭が芽吹き、山の植物、野の植物が緑一色に輝き始める頃です。
葭は、最終的にすだれや屋根などに使われ、人々の暮らしを助けしてくれます。



25日から29日までは、穀雨次候、第十七節の霜止出苗(しもやみてなえいずる)です。
気候も暖かくなり、霜も降らなくなり、苗がすくすくと育つ頃です。
田植えの準備が始まり、活気にあふれている農家の様子が目に浮かびます。

以前は、二十四節気くらいは知らなくてはと思っていましたが、七十二候まで読みだすと、さらに季節感がわかり、12か月×二節気×三候(初候、次候、末候)も歳時記として、日々触れてみようと思います。
四季の区別がはっきりしている日本では、感じることができますね。



最近のリスト

 

月別アーカイブ


オンライン予約

■ご宿泊日
から
■ご宿泊日数
■ご宿泊人数
/室

■部屋数

■検索方法
宿泊プラン別 部屋タイプ別
価格順に検索

予約確認・変更・キャンセル
  • 客室案内
  • お食事
  • 周辺ガイド
  • Twitter
  • facebook

Toyota City English Site

トリップアドバイザー