豊田の美味しいトマト

豊田市は、自動車産業が盛んで、車の町と言われており、第二次産業に携わる市民がほとんどです。
そのような中、合併後し豊田市となった周囲の町村は、第一次産業である農業や林業で生計を立てている世帯で、その後、兼業農家となったと聞いています。
新生豊田市は、中心部を除いた地域では、野菜、果物、お茶、シンビジュームと言った農作物の栽培も盛んです。
農業復活で、農商工連携や農業の六次化産業など、市内でも、親の継承で農業に携わる若者、新たに立ち上げる者など増えてきています。
市内では、夢農人(ゆめのうと)という若手の農家集団の活躍が著しいです。
こだわりの農作物を栽培していらっしゃいます。
そのうちのひとつ、大橋園芸さんが作られるトマトが美味しいです。
トマトの他、お米なども栽培されています。
このトマト、甘くて美味しいです。
リコピンたっぷり❤
トマトジュースも健康になれる味です。




夢農人さんが作った農作物が食べられるころも農園があります。
豊田市駅より徒歩10分弱の場所にあります。
城下町ならではの町並みがほんの少し残るような雰囲気で、土蔵と古民家を改装して運営されています。
マルシェもあり、こちらで農作物をお買い求めいただけます。
外装も素敵ですが、内装も落ち着いた雰囲気で、どこか懐かしさが漂います。
トマトとトマトジュース、それに、わけぎを買いました。
わけぎは酢味噌和えにいただきました。
スーパーで買うのとは違い、太く、甘みが強いです。

ころも農園の話題は、後日改めて詳しくご紹介したいと思います♫